横浜F・マリノスのミロシュ・デゲネク【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 J1の横浜F・マリノスに所属するオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクは国際サッカー連盟(FIFA)公式サイトのインタビューに答え、31日に予定されるロシアW杯アジア最終予選の日本戦に向けた心情を語った。

 日本代表にとっては、勝てば6大会連続のW杯本大会出場が決まる大一番。1ポイント差で追うオーストラリアにとっても予選突破のためにどうしても勝ち点が欲しい試合となる。この試合に向け、日本でプレーするデゲネクも招集を受けている。

「予選の試合は全て大きな試合ですが、この試合は少し別物です。僕は日本でプレーしていますからね」とデゲネク。「もちろん僕らにとってすごく重要な試合です。勝ち点3を獲得して、W杯に向けて一歩近づきたいですね」と意気込みを見せた。

「過去1ヶ月は毎回の練習を終えるたびに、この試合のことばかり質問されていました。クラブがどういうプレーをしたかではなく、この試合のことばかりです。サポーターは幸運を祈ってくれていましたし、日本人のチームメートたちも僕らの勝利を望んでくれるような様子でした」とデゲネクは試合に向けた周囲の様子について語っている。

 運命の一戦は埼玉スタジアムでの開催となる。デゲネクは日本のスタジアムの雰囲気を称賛しつつ、「以前にプレーしたタイやサウジアラビアのように敵対的ではないですが、サッカーをする上での素晴らしい雰囲気になるでしょうね」と見通しを述べた。

text by 編集部