アメリカ・カリフォルニアで8月27日に開催されたMTVビデオ・ミュージック・アワードでは、数々のアーティストが豪華パフォーマンスを披露。中でも女性たちへ強いメッセージを送り、輝いていたのが映画『モアナと伝説の海』の「How Far I'll Go」などで知られるカナダ人シンガー・ソングライターのアレッシア・カーラ(21)。

この日、美しさの定義が蔓延するこの世界で、自分を受け入れることの難しさと大切さを歌った、自身のヒット曲「Scars to Your Beautiful」を披露(歌詞抜粋は以下の通り)。

あなたはそのままで美しいということに気づくべき。何も変える必要はないの、世の中の考えが変わればいい。

この歌詞の通り、ステージ上でウィッグを取り、メイクを落とし、ドレスを脱ぎ…ありのままの美しさについて表現。

↓歌い始めはドレス姿

アレッシア・カーラ、スッピンなのに圧巻のパフォーマンス!
アレッシア・カーラ、スッピンなのに圧巻のパフォーマンス!

↓黒子が現れ(!)ウイッグを外され…

アレッシア・カーラ、スッピンなのに圧巻のパフォーマンス!

↓ドレスも脱がされ…

アレッシア・カーラ、スッピンなのに圧巻のパフォーマンス!
アレッシア・カーラ、スッピンなのに圧巻のパフォーマンス!

↓シンプルな黒いスウェット姿でパフォーマンスを終了

アレッシア・カーラ、スッピンなのに圧巻のパフォーマンス!

その後も、ショーの間ずっとスエット姿を貫いた様子

アレッシア・カーラ、スッピンなのに圧巻のパフォーマンス!

GLAMOUR>のインタビューで、この曲は絶対にスッピンで歌うと誓った彼女。自身も見た目についてコンプレックスがあり、ただそれでも、自分らしさを受け止めることを届けたかったのだとか。

この曲は、自分の見た目を好きになれなかった経験がある人に贈るわ。美しさには決まりがないし、変わらなければいけないのは世の中のほうよ。私自身も高校生の頃、髪の毛を失ったツラい経験があって、未だにそれは完治していないの。
メイクすることが好きならしたら良いし、したくなければそのままでも良い。正解は1つじゃない。自分らしくいることが大切。

圧巻のステージ映像はこちら:

多くの女性たちが捕らわれしまう「美しさ」への脅迫観念から心を救いたい!という強いメッセージを放った彼女。きっと、多くの人が勇気づけられたはず。