ユニクロ、マタニティ服に参入

写真拡大

カジュアル衣料大手でファーストリテイリング傘下の「ユニクロ」が、マタニティや新生児向けの衣料品に参入。2017年8月28日から、マタニティ向け商品の販売をスタートした。

ユニクロでは7月から新生児向けの衣料品も新たに販売しており、妊婦や育児に励む「子育て世代」へのアピールを強めたい考えだ。

新生児向け、敏感な肌に配慮したアイテム

マタニティ向けの商品は、レギンスやジーンズなど全4商品。妊婦のお腹に負担がかからないよう腹部に伸びる素材を使っているほか、裾の幅を広めにして妊娠期の身体に配慮した設計だ。

また、生まれたばかりの新生児向けの肌着なども、7月24日から新発売。素材にこだわったほか背中や脇に縫い目のない仕立てにし、新生児の敏感な肌への刺激に配慮した。

ユニクロでは、これまでも月齢3か月以上の乳児が対象のベビー服を展開してきたが、今回は出産直後から着用できるアイテムを投入。マタニティ服とあわせて、妊婦や子育て世代に商品をアピール。顧客層を広げる狙いがある。

新生児向けアイテムとマタニティアイテムを展開する店舗は、現時点で大型店など全国約200店舗にとどまるが、ツイッターにはすでに、

「UNIQLOのマタニティラインはありがたくて仕方ない」 「UNIQLOのマタニティシリーズ出た 値段も手頃だし、いいなぁ」 「ユニクロからマタニティが出るってニュースが 買う買う〜!」

といった、女性ユーザーからの書き込みが見られ、評判は上々のようだ。