シティ、サンチェス獲得のためスターリング譲渡+金銭オファー

写真拡大

▽マンチェスター・シティが、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)獲得に向けて、イングランド代表FWラヒーム・スターリング(22)を譲渡する構えのようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。

▽シティは現在、今季限りとなっているアーセナルとの契約延長交渉が進展していないサンチェスの獲得を目指していることが伝えられている。先日にはシティが7000万ポンド(約98億5000万円)の移籍金でサンチェス引き入れを狙っていることが伝えられたが、『ガーディアン』によれば現在、スターリングの譲渡に加えて2000万ポンド(約28億円)でオファーするということだ。アーセナルはサンチェスを売却しない意向を示していたが、ここ数日でシティとコンタクトを取った模様だ。また、スターリング側も移籍を受け入れる構えだという。

▽現在レギュラー級の選手であり、サンチェスよりも6歳も若いスターリングの譲渡+金銭という驚きのオファーだが、この情報は『ガーディアン』だけでなく、『スカイ・スポーツ』のケイヴ・ソルヘコル氏や『ESPN』などの有力メディアも報じており、信憑性は高そうだ。