先週の7月1日より正式に幕が開けた『夏の移籍市場』。ドイツ国内への移籍については、8月31日夕方18時(日本時間25時)まで可能ということになるが、たとえばイタリアでは23時まで、イングランドとフランスでは23時59分まで、そしてスペインでは翌日の23時59分までと、それぞれに事情が異なる。

そのほかメキシコでの移籍期限は9月5日、トルコとチェコは9月8日、アメリカでは9月9日までとなっており、オーストラリアでは10月16日までとなっている。

それからは再び1月の『冬の移籍市場』の開幕まではおやすみだ。