元SMAPの香取慎吾が30日放送の『おじゃMAP!!』(毎週水曜 後7:00)で9ヶ月ぶりのダンスを披露することがわかった。視聴者の依頼に応え、名古屋『ど真ん中祭り』ダンスコンテストに出場するダンススクールに香取や山崎弘也らが助っ人ととして参加。総勢100人のなか、香取にはソロパートも用意されており、解散後初めてとなる久々のダンスで、なにも知らずに会場にやってきた観客を熱狂させる。

 ことの始まりは番組宛てに届いた愛知県半田市のダンススクール『DDMカンパニー』からの依頼。名古屋で今年19回目を迎え、昨年は220万人もの動員を記録した日本有数の祭り『にっぽんど真ん中祭り』の前夜祭大賞に参加予定だった100人中、就職、出産などの理由により30人もの欠席者が出てしまったので、なんとかその穴を埋めてほしいという。

 香取はその祭りの規模の大きさに「ビッグなイベントだよ!」と戸惑いつつ、山崎からの「踊っちゃおう! きょう出しちゃおう!」との薦めで参加を決意。30人をなんとか集めようということで、ダンスの達人として名古屋のアイドル・SKE48のメンバーや、大澄賢也、MAX、遼河はるひ、実はムーンウォーク世界大会芸人の部準優勝という輝かしい経歴を持つコウメ太夫…などのメンバーに香取、山崎を加えた総勢30人でダンスに挑戦することになった。

 しかし、全員が集合したのは本番の約6時間前。覚えなければならないダンスを『DDM』のメンバーが披露するとその高度な内容に圧倒されてしまう。しかも『DDM』は、これまで前夜祭で優勝経験もあり、目指すのは優勝、少なくとも3位までに入りたいと言う。助っ人たちも不安そうにするなか、香取は「スイッチ入れないとやばい!」と焦り、「あなたたちはスイッチがあるからまだいいです。僕は生まれて初めて一番踊るのがきょう!」とさすがの山崎もことの重大さに冷や汗をかいた。

 そんな不安を振り払うかのように「早くやろう!」という香取のかけ声のもと、早速4チームに分かれてダンス特訓。香取には一人で踊るソロパートの見せ場もあり、8ヶ月以上練習を積んできた依頼者の期待に応えるため、真剣そのもので練習に臨む。本番ではいよいよ衣装をつけて満員の観客の前に現れる。開始合図は香取の「行くぞ!」の声。 果たしてダンスを無事に成功させることがきるのか。

ORICON NEWS

ORICON NEWSは芸能・音楽・映画・スポーツ・社会など多種多様なジャンルのニュースや動画・ランキングなど、トレンド情報を提供する総合ニュースサイトです。 ⇒http://www.oricon.co.jp/