現在、代表の大一番に向けて集中している原口。その去就やいかに!? 写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 現在、ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選(オーストラリア戦、サウジアラビア戦)に臨むために帰国しているヘルタ・ベルリンの原口元気に、シュツットガルト移籍の可能性があるとドイツの全国紙『ビルト』が報じている。

 2018年夏までとなっているヘルタとの契約延長を拒否して、プレミアリーグ行きを画策するもうまくいかなかった原口。プレシーズンではベンチウォーマーかSBでのプレーを強いられ、完全に干されるかと思われたが、シーズン開幕後はブンデスリーガ2試合に出場している。
 
 しかし、いずれも後半途中からの交代出場。プレシーズンの飼い殺し状態を考えれば、それでも大きな進歩と言えるが、ビルト紙は「W杯に出場するには、(クラブで)レギュラーになる必要がある」と記し、彼が新天地を求めると見ている。
 
 そんな原口の最も有力とされる行き先が、同紙によると、今シーズン1部リーグに昇格したシュツットガルトだという。
 
 同じ日本代表の浅野拓磨を含め、多くの有能な攻撃選手を要するシュツットガルトだけに、原口がここで確実にスタメン入りできるという保証はどこにもないと思われるが、ヘルタでは新加入のマシュー・レッキーが昨シーズンまでの原口の定位置で結果を残しており、非常に分が悪いのも事実だ。
 
 ヘルタで地道に監督からの信頼度を高め、スタメンの座を掴み取るか、心機一転、新たな環境に身を投じるか。残りわずかな移籍マーケット期間(8月31日)で、原口の去就がどうなるか、彼の日本代表でのプレーとともに、非常に気になるところだ。