朝霞の少女誘拐事件 精神障害を否定する意見「一過性のパニック」

ざっくり言うと

  • 朝霞の少女誘拐事件の、29日の判決公判で、被告が不規則発言を繰り返した
  • 犯罪者の心理に詳しい専門家は「パニックになったとみられる」と指摘
  • 「障害のない人でもなることがある一過性のパニック状態だ」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング