フィソン(リアルスローカンパニー提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の歌手、フィソンが独立レーベル「リアルスローカンパニー」を設立し、「リアルスロー(Realslow)」の芸名で活動する。

 同レーベルは29日、「フィソンはこれまで追求してきた音楽とイメージを越え、アーティストと創作者としての顔を見せる」と伝えた。

 フィソンがデビュー前の芸名であるリアルスローを使用するのは、初心を忘れずに活動するためだという。リアルスローは、フィソンが過去にパソコン通信上のブラックミュージック同好会で活動していた際に本物のスロージャム(音楽ジャンルの一種)を具現するためにつけた名前だ。

 リアルスローカンパニーは「フィソンがこれまでの時間を振り返り、その転換点としてレーベルを設立した」とし、「自身が愛するR&B、スロージャム、ネオ・ソウルなどさまざまなブラックミュージックジャンルを完成させていく計画だ」と説明した。

 また、音楽性が近い仲間や後輩歌手の拠り所を作るため、他のアーティストを迎え入れる可能性も示唆した。フィソンは現在活動再開を控え、ニューアルバムを制作中だ。