フランス代表のキリアン・ムバッペ【写真:Getty Images】

写真拡大

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオは、モナコの同代表FWキリアン・ムバッペのPSG移籍が現地時間29日に発表されるという見通しを語った。仏紙『レキップ』が29日付で伝えている。

 昨シーズンのモナコで大きな活躍を見せて評価を高めた18歳のムバッペは、PSGへの移籍に迫りつつあるとここ数日報じられている。来年夏に1億8000万ユーロ(約235億円)で完全移籍することを前提としたレンタルでの移籍になるのではないかとの見方もある。

 そのムバッペはロシアW杯欧州予選を戦うフランス代表からの招集を受け、代表チームに合流。同じくフランス代表の招集を受けたラビオは、ムバッペ自身から移籍の見通しについて聞いたとして次のようにコメントした。

「PSG加入は火曜日に発表されるはずだと彼は言っていた。もちろんクラブにとって良いニュースだ。キリアンは若い選手だがすでに成熟していて、チームの一員として問題なくプレーできる。大きなポテンシャルを秘めていて、パリ近郊の出身でもある」

 フランス代表のディディエ・デシャン監督も28日の会見で、ムバッペのPSG移籍を認める発言をしていた。大型移籍はまもなく発表されることになるのだろうか。

text by 編集部