宇治市提供(画像は一部加工)

写真拡大

京都府宇治市が取り組む「犬のフン害」対策が、大きな効果を上げている。

市内では、年々犬を飼う市民の数が増えており、それに伴いフンに関する苦情が増加。2017年度(3月末時点)は70件ちかくが寄せられるなど頭を悩ませる問題だった。

こうした市民の憤慨を受け、市は「チョーク」を使い解決を図った。

わずか数千円の支出

看板の設置や回覧板、広報車の巡回......飼い主のモラルに訴える策をこれまでにも講じてきた。しかし、改善の兆しがみえず、市の大きな課題だった。

そこで、2016年1月から市と市民が協力して「イエローチョーク作戦」をはじめた。方法は以下の通り。

(1)フンの周囲に黄色いチョークで丸をつけ、発見した日時を書く
(2)時間を置いて再度確認
(3)フンがまだ残っていれば、確認した時間をチョークで書き、無ければ確認時間とともにその旨を記す

非常にシンプルな作戦だが、これを繰り返すことで「監視効果」が生まれるという。実際、フンの回収がごみ袋(45リットル)3つ分にものぼったことがある歩道が、実施後はほぼゼロに。支出する公費はチョーク代(数千円)のみと経済的にも嬉しい。

誕生の経緯は?

考案したのは、市民環境部・環境企画課の柴田浩久さんだ。柴田さんは、打開策を見出すために放置されたフンを数多く観察してきた。

「最初は見るのが嫌だった」と、J-CASTトレンド編集部の取材に笑って答える柴田さん。続けていく中で、「同じ人が同じ場所で同じ時間に放置している」という法則を発見する。同一人物が決まった場所で、人目のつかない早朝や深夜の時間帯に繰り返しているケースが多いとわかった。

そこで、以前に別の課で駐車違反の取り締まりを担当していた経験から、「誰かに見張られているという意識づけができれば有効ではないか」とひらめいた柴田さん。試しにフンをチョークで日時とともに囲んでみた。周囲から冷たい視線を浴びながらも実験を続けると、予想以上に効果を発揮。市で全面的に行うことになった。

いまでは、他の自治体からも多数の問い合わせがあるというイエローチョーク作戦。コロンブスの卵は、柴田さんの苦労の賜物といえる。