ネットにリアル店舗等々数あるショップの中から、お客様に自分のお店を選んで買い物をしてもらうために重要となる要素とは、一体どのようなものなのでしょうか。今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんがふたつの具体例を上げ、そんな疑問を解消しています。

交流イベントで、熱いファンを増やせ!

世の中には、新しい商品・珍しい商品が溢れ、消費者は選び放題。選択肢が多過ぎて、時には迷子になってしまうことも。話題の商品が次々に生まれるので、行くお店が日替わり状態になったりします。「落ち着きのない消費活動」と言っても良いでしょう。

これは、消費者にとっても、お店にとっても、良いことではありません。お金を遣うだけの行為で、心からの満足感を得ることはできませんから。本当に自分が興味のあるモノ、納得できるモノを手に入れてこそ、お金を遣う意味があるのです。お店としても、儲かれば良いのではなく、商品を手に入れる喜びをお客さまに知ってもらうことが重要なのです。

そのためには、店主の思い入れを語ることのできる関係づくりが大切です。その手段のひとつが、交流イベントなのです。

「酒蔵の蔵出し」「クラフトビールの新酒発表会」「レストランの試食会」「農家の収穫体験」など。これらのイベントを通して、消費者に熱く語り、作る側・売る側とお客さまとの距離を縮めるのです。深い関係を築くことで、お客さまの迷いを断ち、「○○なら、このお店」という、確固たる意志を持ってもらうのです。

お店だけで接していては、信頼関係が生まれるまでに、何年も掛かってしまいます。しかし、交流イベントならすぐに打ち解け、お互いが身近な存在となります。店主に対し、友だちのような親しみを感じてもらえれば、それはもう、ファンになってくれています。

ファンがたくさんできれば、商売に不安はなくなります。ファンが支えてくれるようになるからです。

店主の「履歴書」を公開しろ!

お客さまとの信頼関係を築くには、誠実な接客と心からのおもてなしが重要です。そして、それは時間が掛かるものです。接する機会のひとつひとつの場面で、お客さまとの距離を少しずつ縮める根気も必要です。

しかし、厳しい経営環境においては、じっくり構える余裕がないかもしれません。一刻も早くお客さまと親しくなりたい、と考えるのは当然です。そこで、親密になるまでの時間を短縮する方法があります。

ビジネスでも恋愛でも同じですが、まずは相手のことを知りたいと思うものです。興味を持った人がどんな人なのかを知った上で、その人とおつき合いをするのかどうかを判断します。ビジネスも恋愛も、ここに時間が掛かるのです。

その時間を短縮するためには、自らを積極的にさらけ出すことが効果的です。年齢・出身地・家族・学歴・趣味など、自身の人となりを先にお知らせしてしまうのです。

会話を通して知ってもらう、質問されたら答える、では時間が掛かり過ぎます。親しい会話が生まれるまでの前段階を省いてしまうのです。

どんな人間かをわかってもらえれば、お客さまにとっては知っている人になります。知っている人には、警戒心を持ちません。つまり、信頼関係を築きやすくなるのです。

知らない人の話は聞いてもらえませんが、知っている人の声には耳を傾けてくれます。そこからは、友人に近い存在となります。

まずは、自身のことを語るべきです。「履歴書」を公開しましょう。チラシでも店頭でも良いでしょう。SNSを活用しても。あなたがまず心を開けば、お客さまも近づいてくれます。

image by: Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!