Mライン別注モデル

写真拡大

 「マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)」が、フットウエアレーベル「ミズノ1906(MIZUNO1906)」の「Mライン(M-LINE)」とコラボレーションしたスペシャルオーダーモデルを10月上旬に発売する。価格は税抜1万9,000円。全国のマーガレット・ハウエル直営店で店頭予約を開始しており、オンラインでは9月8日から受け付ける。
 Mラインは「ミズノ(MIZUNO)」が1972年に発売を開始したシリーズで、当時の最先端技術を用いた競技用シューズから一般向けのトレーニングシューズまでさまざまなモデルを展開。創業110周年を迎えた昨年に現代版にアップデートさせた。アスリート向けのシューズを生産するランバード工場で製造されており、エキスパートランナー向けシューズの木型を用いたフィット感で履き心地の良さを実現させている。
 今回のコラボレーションでは、アッパー全体をオールブラックに、ミッドソールをオフホワイトとハウスグレーのコンビネーションに変更。インソールにはジョイントネームを配置した。展開サイズは女性用が23.5〜25.5センチメートル。男性用が26〜29センチメートルとなっている。