リーガの今季「年間チケット料金」をスペイン紙が比較 意外と“お値打ち”なのは…

写真拡大

最安値で最も高いのはセビージャと昇格組のジローナ

 リーガ・エスパニョーラはレアル・マドリードとバルセロナの2強と、それを追うアトレチコ・マドリード、そして柴崎岳(ヘタフェ)や乾貴士(エイバル)といった日本人選手も在籍し、日本でも注目度の高いリーグの一つとなっている。

 そんな“華やかな”リーグに所属する各クラブのチケット料金について、スペイン紙「AS」が今季の「シーズンチケット最安値&最高値」との見出しをつけて徹底リサーチしている。

 先入観なく考えると、レアルやバルサ、アトレチコといったビッグクラブのシーズンチケットが高くなると考えてしまいそうだが、実際にはそうでもないようだ。例えばバルサの最安値は167ユーロ。これはレバンテ(145ユーロ)、マラガ(150ユーロ)、ビジャレアル(160ユーロ)に次ぎ、リーガで4番目の安さとなっている。日本円にして約2万1700円でアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらのプレーを1年間堪能できるとなれば、“お値打ち価格”であることは間違いない。

 最安値で一番高いのは、意外にも昇格組のジローナと、アンダルシアの雄であるセビージャの350ユーロ(約4万5500円)。それに次ぐのは、収容人員が限られる乾所属のエイバルで320ユーロ(約4万1600円)となっている。

レアルの最高額は貫禄の24万円

 一方、最高額が“お値打ち”のチームはどこか。それはマドリード近郊に本拠を置きながら、クラブ規模の小さい柴崎所属のヘタフェで465ユーロ、日本円にして約6万500円となる。マドリードに在住すれば、これだけの金額で柴崎の雄姿を良い席で目に焼きつけられることになる。

 最もリッチなシーズンチケットを販売しているのは、やはりレアル・マドリードだった。1840ユーロ、日本円にして約24万円の価格設定を高いと見るか安いと見るかは、“白い巨人”に対する愛情を試されていると言えるのかもしれない。

 同紙が発表したリーガ各クラブのシーズンチケット最安値/最高値の料金は以下の通り(カッコ内は日本円換算時のおよその金額)。

アラベス:250ユーロ/690ユーロ(3万2500円/8万9700円)

アスレティック・ビルバオ:300ユーロ/916ユーロ(3万9000円/11万9100円)

アトレチコ・マドリード:250ユーロ/1100ユーロ(3万2500円/14万3000円)

バルセロナ:167ユーロ/1097ユーロ(2万1700円/14万2600円)

ベティス:195ユーロ/695ユーロ(2万5400円/9万400円)

セルタ:250ユーロ/693ユーロ(3万2500円/9万100円)

デポルティボ・ラコルーニャ:195ユーロ/610ユーロ(2万5400円/7万9300円)

エイバル:320ユーロ/475ユーロ(4万1600円/6万1800円)

エスパニョール:270ユーロ/1220ユーロ(3万5100円/15万8600円)

ヘタフェ:200ユーロ/460ユーロ(2万6000円/5万9800円)

ジローナ:350ユーロ/700ユーロ(4万5500円/9万1000円)

ラス・パルマス:290ユーロ/990ユーロ(3万7700円/12万8700円)

レガネス:175ユーロ/495ユーロ(2万2800円/6万4400円)

レバンテ:145ユーロ/465ユーロ(1万8900円/6万500円)

マラガ:150ユーロ/950ユーロ(1万9500円/12万3500円)

レアル・マドリード:223ユーロ/1840ユーロ(2万9000円/24万円)

レアル・ソシエダ:240ユーロ/597ユーロ(3万1200円/7万7600円)

セビージャ:350ユーロ/1040ユーロ(4万5500円/13万5200円)

バレンシア:190ユーロ/1400ユーロ(2万4700円/18万2000円)

ビジャレアル:160ユーロ/1600ユーロ(2万800円/20万8000円)

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images