ラテ欄は誰が書いている?

写真拡大

新聞のテレビ欄は、多くの人の目に触れる場所でしょう。ラジオテレビ欄を略称して、ラテ欄と呼ばれています。最近では縦読みなどで、メッセージを伝えるラテ欄も多くありますね。ユーモアがきいた文章も多くあります。この新聞のラテ欄は誰が書いているのでしょうか。

プロデューサーが書いている?

新聞のラテ欄を書く人はプロデューサーがになっていることがあります。番組のプロデューサーはいわば、番組制作の司令塔であり、最高責任者です。自分の番組の魅力を伝えるために、プロデューサーが頭をひねっていることがあるのです。

放送作家が書いている

もうひとつ、番組制作に関わる仕事で文章をになうのは放送作家の仕事です。放送作家は、番組企画のアイデアを考えたり、ナレーションの原稿を書いたりと、言葉や文章に関わるあらゆる仕事をになってしまう。そこで、ラテ欄のライターも兼ねている場合があります。

スタッフが書いている

もうひとつラテ欄は、適当なスタッフが書いている場合もあります。忙しいプロデューサーやディレクターに代わって、ADが書いているといったこともあります。その場合、慣れない仕事のため放送作家にメールで問い合わせるといったこともあるようです。