強烈な低弾道シュートで今季3ゴール目を挙げた山田直輝。(C) J.LEAGUE PHOTOS

写真拡大

 J2リーグは8月26日・27日、各地で30節の11試合が行なわれた。
 
 首位・湘南はアウェーで、最下位に沈む群馬と激突。試合は、開始直後の1分にゴール前の混戦から、浮き球を群馬GKがキャッチミスしてそのままゴールへ。オウンゴールで湘南が先制する。湘南の勢いは止まらず、12分にも山田直輝が低い弾道の強烈なシュートで追加点。その後は引いて守り、群馬に得点を許さなかった湘南が2-0で勝利を収めた。
 
 2位・福岡は本拠地に10位・水戸を迎えての一戦に挑んだ。両チーム合計20本のシュートを放つも、お互いの守備陣が奮闘し得点には至らず。スコアレスドローで勝点1を分け合った。福岡は3試合勝利がなく、首位・湘南との勝点差は7に広がった。
 
J2リーグ順位表
 
各試合のスコアは以下の通り(クリックすると、各試合の採点記事に移動します)。
 
8月26日(土) 
千葉  岐阜(フクアリ)

名古屋  横浜FC(豊田ス)

群馬 0-2 湘南(正田スタ)

町田 1-2 松本(町田)

金沢  讃岐(石川西部)

山口  大分(維新公園)

徳島  山形(鳴門大塚)

8月27日(日)
福岡  水戸(レベスタ)

愛媛  東京V(ニンスタ)

長崎  京都(トラスタ)

熊本  岡山(えがおS)