W杯アジア最終予選は残り2節と、いよいよ大詰めを迎えている。現在、日本はグループBの首位に立っているが、その残り2戦が”難関”だ。

【W杯アジア最終予選 グループB順位表】(8月28日現在)
           勝ち点 勝ち 分け 負け 得点 失点
1位 日本       17  5  2  1  15  6
2位 サウジアラビア  16  5  1  2  15  8
3位 オーストラリア  16  4  4  0  14  8
4位 UAE      10  3  1   4  8  11
5位 イラク      5  1  2  5  8  11
6位 タイ       2  0  2  6  4  20

 まずは8月31日にホームでオーストラリアと、続いて9月5日の最終節ではアウェーでサウジアラビアと対戦する。どちらの試合でも、日本が勝てばそこでW杯出場が決定するが、いずれも簡単に勝てる相手ではないことは誰もが承知の通りだ。


難敵オーストラリア相手に日本は勝てるか。photo by Getty Images

 とはいえ、オーストラリア戦に向けては心強いデータがある。それは、ここ最近に限って言えば、オーストラリアに対して非常に”相性がいい”ということ。通算の対戦成績では8勝9分け7敗とほぼ互角だが、直近の6試合は日本が3勝3分けと無敗なのだ。

【ここ最近の、日本vsオーストラリアの対戦成績】
2011年=日本1○0オーストラリア(アジア杯/カタール)
2012年=日本1△1オーストラリア(W杯予選/オーストラリア)
2013年=日本1△1オーストラリア(W杯予選/日本)
2013年=日本3○2オーストラリア(東アジア杯/韓国)
2014年=日本2○1オーストラリア(親善試合/日本)
2016年=日本1△1オーストラリア(W杯予選/オーストラリア)

 さらに、ホームの対戦成績を見れば、通算でも7戦3勝4分けと一度も敗れたことがない。日本としては、こうした過去のデータを追い風にして、オーストラリア戦で一気にW杯の出場権を獲得したいところだ。

【日本のホームにおける、オーストラリアとの対戦成績】
1994年=日本1△1オーストラリア(親善試合)
1994年=日本0△0オーストラリア(親善試合)
2001年=日本1○0オーストラリア(コンフェデ杯)
2001年=日本3○0オーストラリア(AFC/OFCチャレンジ杯)
2009年=日本0△0オーストラリア(W杯予選)
2013年=日本1△1オーストラリア(W杯予選)
2014年=日本2○1オーストラリア(親善試合)

 ただ、日本「有利」のデータを手始めに紹介したが、必ずしもオーストラリアに「勝てる」というわけではない。”真剣勝負”の場というか、W杯予選およびW杯本大会において、日本は5分け3敗とオーストラリアに一度も勝ったことがないのだ。

 仮に今回、引き分け以下で終わるようなことがあれば、最終節では両者の立場は逆転する。ホームでグループB最下位のタイを迎え撃つオーストラリアに対して、日本はW杯出場切符をかけてサウジアラビアとアウェーで対戦することになるからだ。

【W杯予選およびW杯本大会における、日本vsオーストラリアの対戦成績】
1970年W杯予選=日本1●3オーストラリア(韓国)
1970年W杯予選=日本1△1オーストラリア(韓国)
2006年W杯GL=日本1●3オーストラリア(ドイツ)
2010年W杯予選=日本0△0オーストラリア(日本)
2010年W杯予選=日本1●2オーストラリア(オーストラリア)
2014年W杯予選=日本1△1オーストラリア(オーストラリア)
2014年W杯予選=日本1△1オーストラリア(日本)
2018年W杯予選=日本1△1オーストラリア(オーストラリア)
※GL=グループリーグ

 次に、オーストラリア戦で勝ち点3を得られず、W杯出場を決められなかった場合は、サウジアラビアとの最終決戦に向けて、淡い期待は持たないほうがいいだろう。なにしろ、日本はサウジアラビアという土地が”鬼門”だからだ。同地では過去3度国際試合を戦っているが、3戦全敗である。

【サウジアラビア開催での日本の戦績】
1995年=日本0●3ナイジェリア(ファハド国王杯)
1995年=日本1●5アルゼンチン(ファハド国王杯)
2006年=日本0●1サウジアラビア(アジア杯予選)

 一方のサウジアラビアは、ホームで行なわれた主要国際大会(W杯およびアジア杯)の予選では、全77試合でわずか4敗しかしていない。直近では13試合連続無敗中(11勝2分)と、圧倒的な強さを見せている。

【主要国際大会予選における、サウジアラビアのホーム無敗記録】
2011年=サウジアラビア3○0タイ(W杯予選)
2011年=サウジアラビア0△0オマーン(W杯予選)
2013年=サウジアラビア2○1中国(アジア杯予選)
2013年=サウジアラビア2○1イラク(アジア杯予選)
2014年=サウジアラビア1○0インドネシア(アジア杯予選)
2015年=サウジアラビア3○2パレスチナ(W杯予選/アジア杯予選)
2015年=サウジアラビア7○0東ティモール(W杯予選/アジア杯予選)
2015年=サウジアラビア2○1UAE(W杯予選/アジア杯予選)
2016年=サウジアラビア2○0マレーシア(W杯予選/アジア杯予選)
2016年=サウジアラビア1○0タイ(W杯予選)
2016年=サウジアラビア2△2オーストラリア(W杯予選)
2016年=サウジアラビア3○0UAE(W杯予選)
2017年=サウジアラビア1○0イラク(W杯予選)

 こうしてみると、残り2戦はかなり厳しい戦いであることがわかる。そして、データ的にはよくて2分け。日本がプレーオフに回る可能性はかなり高いと言えなくもない。まさに楽観視は禁物である。

■サッカー代表記事一覧>>