(MARTIN BERNETTI/AFP/Getty Images)

写真拡大 (全4枚)

 世界で最も降雨量が少なく乾燥した地として知られる、南米チリのアタカマ砂漠は、8月下旬から、200種以上にもおよぶカラフルな花で彩られている。

 アンデス山脈と太平洋の間にあるアタカマ砂漠は、2カ月前に激しい雨が降り、その後、砂に埋もれた種が次々と発芽、花を咲かせた。

 この「砂漠の花畑」現象は通常、5〜7年に一度起きると言われているが、前回は、同国でエルニーニョ現象により記録的豪雨を観測した、2年前の2015年。

 チリ観光当局は、今後も様々な種が違う時期に発芽・開花するため、今後数週間は花を楽しめると予測している。

(MARTIN BERNETTI/AFP/Getty Images)
アタカマ砂漠の花畑の中を散歩する訪問客(MARTIN BERNETTI/AFP/Getty Images)
200種以上の植物が突然、発芽し、花を咲かせる(Carlos Aguilar/AFP/Getty Images)

(編集・甲斐天海)