10月期アニメ『VANISHING LINE』のキャラクタービジュアルが解禁

写真拡大

テレビ東京系列にて10月よりスタートする新アニメ『VANISHING LINE』のキャラクターデザインが公開された。

『ユーリ!!! on ICE』『この世界の片隅で』『神撃のバハムート』などを手掛けるMAPPAが制作する同アニメ。舞台は、高度に発展した都市・ラッセルシティ。繁栄を謳歌するその街で、この世界を揺るがす巨大な陰謀が動き始めていた。いち早くその動きを察知した男・ソードは、陰謀を暴くため人知れず闘いに身を投じる。しかし得られた手がかりは「エルドラド」というキーワードだけだった。そんな闘いの最中、ソードはソフィという少女と出会う。ソフィもまた、行方不明になった兄が残したメッセージ「エルドラド」の意味を探し求めていた。互いに見えない絆を感じた2人は、行動を共にするように。そして、それぞれの想いが交錯する旅が始まった。

今回解禁されたのは、主人公のソード、ヒロインのソフィ、ソードの相棒・ルーク、そして謎多き美女・ジーナのビジュアル。ソードは、鋼の肉体を持つタフガイ。巨悪の陰謀を暴く為、謎のキーワード「エルドラド」を追う。ソフィは、行方不明の兄を探す少女。身寄りがなくなり今は孤児院に居るが、“ある事件”をきっかけにソードと出会う。ルークは、常に沈着冷静。言葉数は少ないがソードと絡むとペースを崩す。彼が行くところ常に雨が降る為、雨男と呼ばれる。ジーナは、ソードやルークとは馴染みらしいが、繋がりは不明。その美貌で世の男どもを誑かすというキャラクターだ。

この度、このキャラクターを演じる4人の声優からコメントが寄せられたので、以下にて紹介する。

<ソード役 関智一>
物語の世界観に胸踊りました。アクションシーンの演出にも期待が膨らんでいます。久しぶりの大男なので、大人な魅力を出せるよう、楽しみながら演じさせていただいています。収録現場は一同和気あいあいとまるで劇団のようなノリで楽しくやっています。良い意味で期待を裏切る仕上がりになると思いますよ。作品を盛り上げられるように全力で取り組みたいと思います!! オンエアを楽しみにしていてくださいね!

<ソフィ役 釘宮理恵>
シリアスで重厚感のあるお話です。ソフィはボーイッシュな風貌ですが、内面はどこにでもいるような普通の女の子。心情を丁寧に追ってお芝居していきたいと思っています。和やかな雰囲気の収録現場で、周りの方に色々お話を伺いながら臨んでいます。皆様に楽しんでいただけるよう、精一杯頑張ろうと思っています。どうぞよろしくお願いします。

<ルーク役 島信長>
大人が沢山出てくる、硬派で重厚かつ大人のユーモアがある今時珍しいタイプの作品です。ルークは、出だしはとにかくクールなんですが、なかなか人間味のある男なので、彼がどんな人間になっていくのかも楽しんでほしいと思います。すごい先輩方が沢山いる中での収録なので、いい緊張感が漂っています。セリフや情報をあまりつめこまないで間とか演出で魅せる作品なので、ある意味、昨今のアニメの流行に逆行する様な、とはいえ一部の人しか楽しめないという訳ではなく、ひとつの作品としてのクオリティが高いので素直に面白いと思ってもらえると思います。

<ジーナ役 小清水亜美>
ソードのひょうきんで可愛らしいところやストーリーのちょっと大人な雰囲気がマッチして、心地の良い作品だと思いました。ジーナは、クール&セクシー&ミステリアスな大人の女性、私にとってチャレンジな部分もありますが、演じていて新鮮で楽しく、とてもやりがいを感じています。今回のレギュラーキャラクターがどんな風に繋がってゆくのかこれからが楽しみです。関さんを中心に、和やかな雰囲気で締りのある現場になっています! ファンの皆様の期待に応えられるよう頑張ります!