(左から)すりおろし林檎、卵とミルク、はちみつと黒糖

写真拡大

カンロは「ありのままに」シリーズから、「ありのままに、すりおろし林檎キャンディ」など3品を2017年8月22日から順次発売する。

シンプルだからこそ贅沢なひと粒

「ありのままに」は、「キャンディを食べるしあわせ」をシンプルに、「素材のおいしさ」をゆっくりと感じてほしいという想いから生まれたキャンディシリーズ。無香料・無着色のやさしさにこだわった製法で、"ありのまま"のおいしさを届ける。シンプルな原料のみを使用しているため、保型性や耐久性の条件をクリアできるよう、徹底的な工夫を凝らしたという。

「卵とミルクキャンディ」では、スイーツ素材の定番ながら、飴ではあまり使われない素材「卵」を使用。熱がかかる工程で起こりやすい焦げ臭などを抑え、ミルクとマッチしておいしいコクが出るよう仕上げている。また、「すりおろし林檎キャンディ」にはりんごピューレパウダーを、「はちみつと黒糖キャンディ」には黒糖とはちみつのみを使用した。

「すりおろし林檎キャンディ」は8月22日に、「卵とミルクキャンディ」「はちみつと黒糖キャンディ」は9月5日に発売する。