【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関の国家情報院(国情院)は29日、北朝鮮がこの日朝に発射した弾道ミサイルについて、「午前5時57分ごろ平壌の順安飛行場(国際空港)から発射した」と明らかにした。飛行場からの発射は初めてだとも説明した。国会情報委員会の全体会議での報告を、同委員会幹事の議員が伝えた。

 国情院はまた「ミサイルに対する初期分析の結果、最高高度は約550キロで、約2700キロ飛行した」とし、「日本の北海道、青森県の上空を通過し北太平洋の公海上に到達した。中距離弾道ミサイルと推定される」と説明した。