クラシカルだけどSpotify対応!「Tivoli Audio」がWi-Fi搭載でさらに便利に!

写真拡大 (全10枚)

オーディオブランドのネイビーズは、同社ブランドの「Tivoli Audio(チボリオーディオ)」からWi-Fiに対応した「Model One Digital」を発表しました。発売開始は8月30日の予定です。

Tivoli Audio は、2002年にアメリカのボストンで設立されたオ―ディオブランドです。設立者のヘンリークロス氏は、全米家電協会が選ぶ「オーディオ界の殿堂」50人のひとりとして選出されています。その代表モデルである高級ラジオ、「Model One」が約17年ぶりにリニューアルを遂げました。

「Model One Digital」の、これまでのモデルとの大きな違いをご紹介します。

 

■複数台のWi-Fi機器と接続可能

Model One Digitalは、ワイドFMを含むFMラジオを聞けるだけでなく、音楽スピーカーとしての機能もあります。前モデルで搭載されたBluetoothに加えて、Wi-Fi接続にも対応しました。Bluetoothが再生機と本体と1対1の接続なのに対し、Wi-Fi接続ではひとつの再生機に対して複数台の機器と接続できます。

スマホの音楽を聴くには、スマホ「Tivoli Audio Wireless」アプリをインストールしてWi-Fiにつなげるだけと操作方法も簡単。アプリはiOSとAndroidの両OSに対応しています。また「Spotify」アプリからもWi-Fi経由で音楽を楽しめます。

「Model One Digital」のほかにも、同ブランドの新機種ワイヤレススピーカー「ORB」と「CUBE」なども、Wi-Fi接続により同時に操作が可能です。

 

■アナログな見た目にデジタル機能を搭載

デザインは、北欧家具のように木のぬくもりのある見た目。クラシカルなデザインと対照的に、デジタル時計などを映し出すディスプレイが搭載されており、クラシックな見た目とデジタルの機能を融合したデザインです。

スピーカーには、デンマークのファブリックデザインブランド「Gabriel(ガブリエル)」のファブリックを採用し、やさしい触り心地でデザイン性の高い仕上がりになっているのも魅力のひとつ。

操作スイッチは、ディスプレイのまわりにある円状のコントローラーと、本体の中央下部にあるつまみのみとシンプルです。

本体サイズは、幅22.2×高さ11.5×奥行14僂如⊇鼎気1.55圈コンパクトなサイズのため、ベッドのサイドテーブルや本棚など、置く所を選びません。カラーは、ウォルナット、ホワイト、ブラックの3色展開です。

 

■クリアでパワフルな音を実現

最高のルックスと機能を兼ね備えたModel One Digitalですが、音質はどうなのか。そこに疑問を持つ人もいるでしょう。このModel Oneシリーズは3インチ型フルレンジ、背面ウーファーのドライバーを搭載し、バスレフ型モノラルスピーカーを採用することで、クリアでパワフルなサウンドが楽しめます。

▲ネイビーズ セールス&マーケティング・ディレクター 中村拓也氏

発表会に登壇したネイビーズ セールス&マーケティング・ディレクターの中村拓也氏によると、「従来のモデルと比較して低音の量感が多いので、迫力のある表現がさらに豊かになりました」とのこと。

実際に聴いてみたModel One Digitalは、まさに透き通るようにクリアな音質。普段スマホで聴く音質とは一線を画す、高音と低音のバランスが良い自然な音色でした。

 

■インテリアに合わせたスタイリングが可能

会場となった「ザ・コンランショップ」では、リビング、キッチン、書斎でのModel One digitalのスタイリング例が展示されていました。これを手掛けたのはインテリア・スタイリストの長山智美氏で、「アートのかわりになるようなスタイリングを目指した」とコメントしました。

▲リビングでは、アートのように自由なレイアウトを楽しむ

▲キッチンでは、コンパクトサイズを活かして、食器類と統一感のあるコーディネート

▲書斎では、オーディオをさりげなくブックエンドとして配置

▲インテリア・スタイリストの長山智美氏(中央)、ネイビーズ セールス&マーケティング・ディレクター 中村拓也氏(右)

「Model One Digital」の価格は4万6000円(税抜)。洗練されたデザインが魅力なオーディオなので、インテリアにこだわりたい人や、家電にもぬくもりが欲しい人におすすめです。また、普段からスマホでラジオや音楽を聴く人は、オーディオに乗り換える絶好の機会かもしれません。

>> ネイビーズ

 

(取材・文/中川美紗)

なかがわみさ/エディター、ライター

編集プロダクション「ゴーズ」に所属。「旅」と「アート」が大好き。情報が目まぐるしくアップデートされるスマホやウェブサービスに立ち向かいながら、webメディアを中心に記事を執筆中。