29日、中国版ツイッター・微博に、「北朝鮮のミサイル発射でもブレないテレビ東京」を示す投稿があった。写真は朝鮮半島地図。

写真拡大

2017年8月29日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、「北朝鮮のミサイル発射でもブレないテレビ東京」を示す投稿があった。

この日朝、北朝鮮が発射した弾道ミサイルが北海道の襟裳岬から東へ約1180キロの太平洋上に落下した。こうした中、微博に投稿されたのが午前7時40分すぎの各テレビ局の番組映像の写真だ。いずれも北のミサイル発射を伝えるものだが、1局だけが左サイドに「北朝鮮ミサイル情報」と表示しつつアニメを放映。写真につけられた説明を見てみると、「TBS:北朝鮮のミサイルが日本の上空通過、NHK:北朝鮮のミサイルが日本の上空通過、日本テレビ:北朝鮮のミサイルが日本の上空通過(以下略)」とあり、テレ東だけが「北朝鮮のミサイル…」ではなく、「アニメ『けものフレンズ』最終回!」となっている。

この投稿に対し、他のネットユーザーからは「テレ東はわが道を行ってるね」「この局はいつもこう」「テレ東伝説だ」「テレ東がアニメを放送するということは、世界はまだ安全ということ」「最終回の方が大事ってことかな」「テレ東も事の重大さは分かっているよ。左側に『ミサイル情報』ってある」「テレ東は永遠に『一味違う』局」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷)