かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。かき氷の大いなる可能性(?)を語っていただいた前回につづいて、今回からむらまつさんがずっと大切にしている5つの“オール・タイム・フェイバリット”をご紹介。ひとつめは、こちら――。

むらまつえりかさん

ロックバンド「ねこね、こねこね。」のボーカル&ギター、そしてかき氷店「瀬戸内ひだまりかき氷」店長。ねこね、こねこね。は、7月にリリースしたシングル「ことばの海」が好評発売中。「瀬戸内ひだまりかき氷」では瀬戸内の素材を使った、パティシエ手作りの天然蜜たっぷりのかき氷が味わえます。

夜の音楽、『ソルファ』の魅力

むらまつえりか:『ソルファ』はアジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)の2枚目のアルバムなんですけど、作品全体の雰囲気が夜っぽくてすごい好きで。「夜の向こう」っていう曲もあるし、「海岸通り」とかも夕方っぽいですし、「振動覚」も深夜から朝にかけてみたいなイメージがして。

結構、夕方から明け方前くらいの曲の雰囲気が好きですね。とはいえ昼間っぽい曲も好きなんですけどね(笑)。

今でもアジカンがいちばん好きですね。ずっと変わらないです。アジカンだけはCDを全部持ってて。発売したらすぐに買って、絵画のように集めていますね。

 ――アジカンがきっかけでギターを弾くようになって?

むらまつ:ギターを弾いてみようと思ったのはチャットモンチーがきっかけですね。チャットモンチーのいちばん最初の赤いアルバム(『耳鳴り』)を聴いて、「あっ、女の子が弾いてもかっこいいんだ!」って思って、それで自分でもギターをはじめました。

で、アジカンを聴いた時はベースを買いました(笑)。『NARUTO』の主題歌になってた「遥か彼方」を聴いたら、最初のベースがすごいかっこよくて。それでベースを買って、イントロだけ弾いて満足して。それ以来ベースは弾いてないので、全然やってるうちに入らないんですけど…(笑)。

バンドに目覚めたきっかけ

 ――『ソルファ』に出会った当時のことは覚えてますか?

むらまつ:通ってた塾に、「すごい『ソルファ』が良いんだよ!」って言ってる男の子がいて。知り合いじゃなかったんですけど、その“ソルファ”っていう言葉がすごい耳に残って、「何だろう?」と思って。

で、聴いてみたらびっくりするくらいかっこよくて。もともと音楽は好きで、小学生の時はDo As Infinityとかが好きだったんですけど、バンドのかっこよさに目覚めたのはアジカンがきっかけですね。バンド・サウンドにハマったきっかけ。すごいグッときました。

その後はコーネリアスとか、実験的な音楽を聴くようになって。最近は青葉市子さんとか、歌とギター1本のシンプルなものもよく聴きますね。ダフト・パンクとか、エレクトロ系とかも聴いてます。

はい、最近「あっ、良いな」って思うのは、“耳心地の良いもの”が多いかもしれないですね。

『ソルファ』

2004年10月に発表されたアジカンの2ndアルバム。バンド初のオリコンチャート1位を獲得した記念碑的作品で、2016年には新たにレコーディングし直した再録盤も発売された。ちなみに“ソルファ(sol-fa)”とは音階の“ドレミファ”の意。

次回につづきます。前回はこちら!