北朝鮮の弾道ミサイル(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の情報機関・国家情報院(国情院)は29日、北朝鮮が同日発射した弾道ミサイルに関して、ミサイル弾頭部の大気圏への再突入は確認されていないと明らかにした。国会情報委員会で報告したと、同委所属の野党議員が伝えた。

 国情院は「北が(予告した)グアム包囲射撃の実現が可能であることを誇示しているとみている」とし、「日本の上空を通過させ、武力誇示の効果の最大化を図った」と説明した。

 また「日本の主要都市が射程内に十分に入っているということを見せつけた」とし、「世界的には非常に厳しい状況認識をしている」と述べた。