【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は29日の定例会見で、北朝鮮によるこの日朝の弾道ミサイル発射を「国連安全保障理事会の決議に対する明白な違反」だとした上で、「韓米日が共同で安保理の緊急会合開催を要請し、米ニューヨークで29日午後(現地時間)に会合が開かれる予定になった」と述べた。また「韓国政府は米国などの安保理理事国と対応策を緊密に協議している」とも伝えた。

 趙氏は、北朝鮮核問題を巡る6カ国協議の韓米首席代表がこの日中に電話で協議する予定だと伝えた一方、韓米首脳が電話で会談するかどうかを問われると「現在決まっていることはない」と答えた。