道を歩いていると、時々愛らしい絵や、柄が描かれたタイルを見かけますよね。

偶然見かけた時は、ついつい視線がいってしまうものです。

TORI BIRD(@TORI_1100)さんが大阪府で見かけた、『シュールなタイル』が話題になっています。

『セミの絵のタイル』のはずなのに…!?

ある日、大阪府のとある橋を歩いていた投稿者さん。

そんな中、絵が描かれたタイルが目に入り、首を傾げました。

(なんか、『ヤバイおっさん』のイラストが描いてある…!)

目の焦点が合っておらず、大口を開けて腕を振り上げる、ヒゲをはやした男性…。

まさに『狂気』という言葉がしっくりくるイラストが、路上のタイルに描かれていることに、疑問を抱いたのです。

しかし、イラストの横に書かれていた文字を見て、投稿者さんはハッとします。

「こ、これ…木にとまったセミの絵だ…!」

白ヒゲはセミの羽、振り上げた包丁は木の枝、顔は木だったのです…。

いわれてみればセミの絵ですが、一度そう見えてしまうと『やばいオッサン』にしか見えません!

「『夏になると、やばいオッサンが現れますよ』という警告だったりして」

寄せられた多くのコメントの中には、こういったユーモアあふれるものもありました。

夜道でこのタイルを見たら、一瞬ドッキリしてしまうかもしれません…!

[文・構成/grape編集部]