テイラー・スウィフトの新曲、カニエ夫妻には「どうってことない」?

写真拡大

昨年のこと、カニエ・ウェストは楽曲『Famous』で「俺はテイラー・スウィフトと寝るかも」「俺があのビッチを有名にしてやった」とラップ。これにテイラーは猛反発し大騒動になったが、カニエの妻キム・カーダシアンは「事前にテイラーには夫が電話し、歌詞につき理解を得ていた」として電話で話す様子をとらえたビデオを公開し「全てを知っていたくせに」と息巻いた。この件により夫妻と完全に絶縁したテイラーが先日、ファン待望の新曲を発表。その内容は「カニエ夫妻への強烈ディスに違いない」と囁かれたが、夫妻はこれにショックを受けるどころか…。

【この記事の動画を見る】

「人に聞かれたらこう言うわ。“これはジョークだしカニエ・ウェストは仲良しよ”ってね。グラミー賞授賞式でもそう言うわ。」

電話で確かに「俺はテイラー・スウィフトと寝るかも」という歌詞について聞いたテイラーは、驚いた様子もなくそうコメントしていた。しかしその後、テイラーはグラミー賞会場で皮肉たっぷりのスピーチを披露。以下のように話したのだ。

「“成功を妨げてやろう”。そう試みる人が出て来るの。またあなたの名声につき“自分の手柄だ”なんて言う人もね。でも仕事に集中すれば、いつか目標を達成した時にこう思えるの。その立場に立てたのは、ひとえに自分、そして自分を愛してくれる人達のおかげなのだとね。」

これを受け、カニエは「事前にテイラーに話し理解を得ていた」と主張。妻キム・カーダシアンも、テイラー本人が電話で了承する映像をネットで公開するに至った。しかしテイラーは「カニエが私に“君をビッチと呼ぶよ”なんて伝えるビデオはないはず」と反論し、それ以来夫妻とは絶交してしまっていた。

そのテイラーの新曲『Look What You Made Me Do』には、なんとカニエに対するディスと思われる歌詞が満載であったのだ。「あなたのチッポケなゲームなんて嫌い」「私に演じさせた役も嫌」「あなたが嫌いよ」などという言葉が続き、「クールじゃない」「名簿を作って、あなたの名前は赤字で書いて下線まで引いた」とも歌っている。

これにはさすがのカニエ&キムも驚いたかと思いきや、ある情報筋は米『PEOPLE』にこう話している。

「夫妻は気にもしていません。情けないと思っているんですよ、過去のもめ事までネタにしているんですから。彼女の新曲なんて注目していません。もっと大事なことがありますから。家族とかね。」

ちなみにPVを確認したファンの一部は「何かのパロディーのよう」と少々困惑してしまったようだ。専門家の評価も「良い出来だ」とするものと「歌詞などに難あり」とするものがあり、評価は分かれている。しかし動画サイトの視聴回数は増え続けており、これからまだまだ売れる可能性もありそうだ。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)