文在寅大統領=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の相次ぐ挑発にも対話路線を取ってきた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「強力な報復」へと方針を転換した。北朝鮮が29日、日本の上空を通過する中距離以上の弾道ミサイルを発射したことを容認できるラインを越えたとみなし、独自制裁や多国間外交はもちろん、軍事的対応まで用いる対抗手段を取った。

 文大統領は同日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)から北朝鮮のミサイル発射に関する報告を受けると、「強力な対北報復能力」を誇示するよう指示した。

 この指示により、軍はF15K戦闘機4機を出撃させ、MK84爆弾8発を投下する訓練を行った。米軍の戦略兵器の韓国展開も検討しているとされる。

 文大統領は北朝鮮が26日に弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体を発射した際は韓米合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)に反発するレベルの低い挑発と判断したが、今回は重大だとみなし、厳しい対応に乗り出したとみられる。

 青瓦台(大統領府)の高官は「対話ムードに向かえば良いが、そういう状況を先方(北朝鮮)がつくらないなら、こちらも対応措置を取る」と強調した。

 北朝鮮が米領グアム沖への中距離弾道ミサイル発射計画を公表してから高まっていた緊張状態が多少緩和された時期に挑発を強行したことも、文大統領の方針に影響を及ぼしたようだ。

 青瓦台は北朝鮮に対する制裁と圧力の重要性を指摘しながらも、対話の可能性を強調してきたが、今後も今回のような挑発が続く場合は対話の可能性が小さくなっても強力な対応措置を続ける方針を示唆した。