ピープル・ツリー、V&A所蔵の織物から厳選した草花柄プリントのアパレルを発売

写真拡大

 フェアトレード専門ブランド「ピープル・ツリー(People Tree)」が、ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(以下、V&A)とコラボレーションした商品を発売した。
 2017年秋冬コレクションとして展開されたコラボレーション商品は、オーガニックコットンやテンセルTMなどの環境に配慮した素材に、V&Aに所蔵されている織物から草花の柄を厳選してプリント。1930年代に流行したチューリップの花柄を再現した「V&A チューリッププリント・シリーズ」からはフリルブラウス(1万584円)、フリルロングスカート(税込1万4,040円)、オールインワン(税込1万8,360円)、長袖フリルワンピース(2万520円)、ツートンの種子柄のプリントした「V&A オーガニックコットン サテンシードプリント・シリーズ」からは長袖ブラウス(1万1,880円)、ワイドパンツ(1万4,040円)、長袖シャツワンピース(1万7,280円)、ノースリーブワンピース(1万4,040円/いずれも税込)がそろい、全8点がラインナップされている。