ピーマン、パプリカの保存の目安は1か月

写真拡大 (全3枚)

 冷蔵・冷凍保存の裏ワザをご紹介。ほんのひと手間で食材のロスをゼロにする。「キッチンペーパーにくるむ」「保存袋に入れる」「水を入れた保存容器に浸す」。これだけの“手間”で、食材がいつもの倍近く長持ちするとしたら…。今日から試さない手はない!

<野菜>
 ピーマンやパプリカ、ゴーヤー、かぼちゃなど、種とわたが取れるものは取り、適当な大きさにカットしたら、切り口にキッチンペーパーをかぶせて保存袋に入れるか、ラップで包む。保存は野菜室で。

 冷凍する場合は、種とわたを取ってから使いやすい大きさに切り、保存袋に入れて空気を抜いて閉じる。ゴーヤーは薄切りにして1分ほど水にさらし、水分をしっかり拭いてから保存袋に入れる。

 傷みやすいもやしは、保存容器に移し、たっぷり水を入れ、冷蔵室へ。2日に1回水を換える。みょうが、豆苗、セロリも同じ方法でいいが、水の取り換えは3〜4日に1回でOK。

 もやしを冷凍する場合は、未開封のものは包装された袋のまま保存袋に入れて冷凍。使いかけの場合は、洗ってから水分を拭き、保存袋に入れ、空気を抜いて冷凍室に。

【野菜室 保存の目安】
 ゴーヤーは約5日。ピーマン、パプリカ、かぼちゃは約7日。もやし、セロリ、豆苗は8〜10日、みょうがは約14日。

【冷凍室 保存の目安】
 ピーマン、パプリカ、かぼちゃ、ゴーヤーともに約1か月。もやしは2〜3週間、みょうが、豆苗、セロリは用途別に切って保存袋に入れ約1か月。

<きのこ類>
 水分に弱いため、洗わないなどの湿気対策が重要。しめじやえのきたけは、石づきや根元を残したまま、乾いたキッチンペーパーで包んで保存袋へ。しいたけは石づきをつけたまま軸を上にして2〜3個ずつ包み、保存袋へ入れ、いずれも野菜室で保存。冷凍する場合は、石づきや根元を落として小房に分けられるものは分け、保存袋に。

【野菜室 保存の目安】
 えのきたけは4〜5日、しいたけは約1週間、その他のきのこ類は7〜10日。

【冷凍室 保存の目安】
 きのこ類はすべて約1か月。

<肉類>
 豚や牛の厚切り肉、薄切り肉、ステーキ肉、合いびき肉、ブロック肉、鶏ささ身、鶏ひき肉は、表面の水分を拭いたら、ラップで包んで保存袋に入れ、空気を抜いて閉じ、チルド室へ。鶏胸肉、鶏もも肉は、水分を拭いた後、塩と酒をふってからラップで包み、保存袋に入れ、チルド室で保存。

 冷凍する場合、厚切り肉、ステーキ肉、ブロック肉などの塊肉は水分を拭き、ラップでピッタリ包んだらアルミホイルで包み、凍結させてから保存袋にまとめる。薄切り肉、鶏胸肉、鶏もも肉は下味をつけてから保存袋に入れて冷凍。ひき肉は、保存袋に平らに入れて、菜箸などで筋をつけてから冷凍すると、使う時に筋のところで折って使う分だけ取り出せる。

【チルド室 保存の目安】
 チルド室での保存は、どの肉も約2日。冷凍なら約3週間。

<魚介類>
 一尾魚は、内臓を取り、流水で洗ったら、お腹の中まで水分を拭き、1尾ずつラップで包んで保存袋に入れ、空気を抜いて閉じたら、チルド室で保存する。切り身の場合、塩をふってしばらく置き、水分が出てきたら拭き取る。その後、1切れずつラップに包んで保存袋に入れ、チルド室で保存する。

 一尾魚を冷凍する時は、冷蔵と同じ要領で下処理後、使いやすい大きさに切って保存袋に入れる。切り身の場合は、塩をふるところまでは冷蔵保存と同じ。さらに、においを防ぐために酒もふってしばらくおき、水分を拭き取ってから1切れずつラップで包んで保存袋に入れ冷凍庫へ。

【チルド室 保存の目安】
 一尾魚はチルド室で当日、冷凍で約3週間。切り身はチルド室で約2日、冷凍で約3週間。

撮影/浅野剛

※女性セブン2017年9月7日号