期待の日本人横綱に何が?(写真・時事通信フォト)

写真拡大

 9月場所の前売り券はわずか50分で完売。日本人横綱・稀勢の里誕生以来の大相撲フィーバーはいまだ継続中だ。しかし各地の夏巡業では稀勢の里に明らかな異変が起きていた。

 8月10日、茨城県日立市にある池の川さくらアリーナは、故郷に錦を飾った横綱への大歓声に包まれた。

 5月、7月と2場所連続で途中休場した稀勢の里は当初、夏巡業を全休する予定だった。7月場所を終えて名古屋から江戸川区の田子ノ浦部屋に戻ると、稽古は完全非公開に。ケガの療養に努めていると見られていたが、なぜ夏巡業に強行参加することになったのか。

「地元の勧進元が両親を通じて“顔だけでも出してほしい”と頼みこみ、土俵入りを披露することになった。しかし、いったん合流すると地元だけというわけにいかなくなり、以降の巡業にも帯同せざるを得なくなった」(二所ノ関一門の親方)

 中京地区から北陸、関東、東北、北海道の各地21か所を廻る夏巡業は、その日のうちに次の巡業地へ移動する“ハネ立ち”がほとんどの過密日程で知られている。

「巡業スケジュールの大半を占めるバス移動は総距離2000キロにも及ぶ。狭い座席に揺られ、腰痛を悪化させる力士もいる。土俵入りだけとはいえ、体への負担は相当なもの」(スポーツ紙担当記者)

 稀勢の里が「帰れない」のには別の理由もあった。今回の巡業は白鵬以外の3横綱が不在という状況で始まった。当初は一人横綱として巡業を支えていた白鵬だが、8月8日から日馬富士、10日に稀勢の里が合流すると、12日の仙台巡業中に「膝の治療のため」と新幹線で帰京してしまったのだ。

「白鵬が『代わりが来たからお役御免』と言わんばかりにさっさと離脱したため、稀勢の里は土俵入りを続けざるを得なくなった。治療中とあって取組は務めなかったが、笑顔でサインや記念撮影に応じ、これまでやったことがない赤ちゃんを抱いての土俵入りまで見せるファンサービスに徹した。“気難しいガチンコ力士”がすっかり“いいヒト”に変貌していた」(同前)

 巡業先の稽古では、貴乃花部屋の若手力士に胸を貸すシーンも見られた。前出・二所ノ関一門の親方はこういう。

「巡業は若手にとって力をつける場ですが、横綱や大関にとっては苦手力士を可愛がってこの人には勝てない、という意識を植え付ける場。ところがケガから回復していない稀勢の里の稽古は“可愛がり”にはほど遠く、ケガの具合や腕の動きなどを観察される格好の場になってしまった。次の本場所では、その弱点を攻められるだろう」

 もともと、田子ノ浦部屋は先代親方(元横綱・隆の里)のガチンコ指導で知られ、同じ二所ノ関一門内の出稽古さえ禁じるという異色の“鎖国政策”で知られていた。

 ところが稀勢の里が横綱に昇進したことで一門の行事への参加が増え、他部屋との交流もオープンになりつつある。巡業中にその変化を象徴する一幕もあった。

「日立巡業で合流した稀勢の里関は、土俵下で白鵬から話しかけられ、ひとしきり談笑していたんです。今までなら考えられない光景でした」(後援会関係者)

 かつての「孤高のガチンコ力士」の姿が影をひそめていることを、稀勢の里の異変と感じとる関係者は少なくない。

※週刊ポスト2017年9月8日号