photo by はむぱん

写真拡大

 やりがい、給与、人間関係……人によって会社に求めることはさまざまである。

 しかしながらサラリーマンの「仕事に対する満足度」は、職種ごとに大きく差がつくのも事実。満足度が高いのは、いったいどんな職種なのだろうか?

 総合人材サービス会社のパーソルキャリアは、20〜59歳のサラリーマン1万5000人を対象に、「仕事に対する満足度調査」を行い、その調査結果を発表した。

 今回、「総合」「仕事内容」「給与・待遇」「労働時間(残業・休日など)」「職場環境(社風・周囲の社員など)」といった5つの指標から100点満点で、現在就いている職種について満足度を聞いた。

 その結果、もっとも総合満足度が高かったのは、「融資審査・契約審査(金融系専門職)」で73.5点だった。2位は「MR(営業)」(71.6点)、3位が「人事(企画・管理)」(70.9点)と続いた。

 1位の「融資審査・契約審査(金融系専門職)」は、5つの指標すべてが上位5位以内に入り、「会社全体に対する貢献を感じられる」、「成果に対する明確な報酬がある」などの声が目立っていた。

 さらに、働きやすさについても「残業は少なめ」、「有給を取りやすい」などワーク・ライフ・バランスについても好意的な声が目立った。

 2位の「MR(営業)」は「仕事内容」、「職場環境」の満足度が高かっただけでなく、「給与・待遇」の満足度が全110職種中、もっとも高い結果だった。

 3位の「人事(企画・管理)」も、全体的の満足度の高さに加えて、「給与・待遇」の満足度が全職種中3位と際立っていた。

 こう聞くと、仕事の満足度には「給与・待遇」の与える影響が大きいように思えるだろう。しかし、本件の調査を行ったパーソルキャリアは「総合的な仕事満足度に最も影響する指標は『仕事内容』である」と分析している。

 事実、満足度の高い上位20職種のうち、9職種を「企画・管理系」職種が占め、「希望通りの仕事ができている」、「やりたかった職種に就けているから」という意見が目立ったのだ。

パーソルキャリアは、「企画・管理系職種は、やりたいこと、得意なことを仕事にしている人が多い傾向にあり、『仕事内容』に対する希望と現実のギャップが少なく、満足度が高い結果につながっていると考えられます」と分析している。

 なお、4位以下のランキングは、4位「広報・IR(企画・管理)」、5位「法務・知的財産・特許(企画・管理)」、6位「データベース・セキュリティエンジニア(IT・通信エンジニア)」、7位「内部監査(企画・管理)」、8位「設計監理(建築・土木エンジニア)」、9位「経営企画(企画・管理)」、10位「決済・計理・カストディ(金融系専門職)」と続いている。参考にしてほしい。

<文/HBO取材班>