今月7日、フィリピン・マニラで開かれた韓米日外相会談で握手を交わす康氏(左)と河野氏=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が29日、日本の上空を通過する弾道ミサイルを発射したことを受け、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と河野太郎外相が電話会談を行った。韓国外交部の当局者が明らかにした。

 両氏は北朝鮮の弾道ミサイル発射に関する情報を共有し、今後の対応方向について協議したとみられる。

 韓国と米国、日本の要請で、米ニューヨークで29日(現地時間)に開かれる国連安全保障理事会の緊急会合についても意見交換したとみられる。