町の学校の生徒400人を守るため、1人のインド人警察官が不発弾を背負い1キロ余りを疾走した。

警察への匿名通報

8月25日12時50分頃、インド・マディヤ・プラデーシュ州の警察に匿名の通報があった。サーガル県の町Chitoraの中学校の校庭に不発弾があるという。

Abhishek Patel巡査が学校に駆け付けると、そこには間違いなく不発弾が。彼は校内にいた生徒400名全員を避難させ、その後、重さ10キロの不発弾を持ち上げて肩に背負い、逃げて行く生徒たちとは逆方向に走り出した。

生徒からできるだけ遠くへ

Patel巡査は地元メディアにこう語っている。

「その時頭にあったのは、不発弾を生徒たちからできる限り遠ざけるとことだけでした。人がいない場所に持っていくことだけを考えていました」

映像は、その場に居合わせた人がYouTubeに投稿したもの。わずか数秒のクリップに、走り抜けて行く巡査の姿が映っている。

彼は学校から約1キロの距離を走り、町外れの用水路の中に不発弾を置いた。

Patel巡査は振り返る。

「もし爆発していれば、周囲500メートルの範囲に被害が及んだでしょう。不発弾は爆発する可能性がある。そうなってはいけないと思い、人のいない場所に持って行ったんです。

確かに危ないことをしたと思います。私が命を落とすかもしれなかった。でも、学校にいた何百人もの生徒の安全のためでした。子供たちは我々の未来ですから」

警察署長から表彰される

Patel巡査の勇気ある行動は警察署内でも高く評価され、巡査は署長から表彰された。

不発弾は軍の爆弾処理班によって処理され、現在詳しい調査が進められている。警察は、何者かが意図的に不発弾を学校に持ち込んだものと見ている。