▽大宮アルディージャは29日、ザスパクサツ群馬へ育成型期限付き移籍していていたFW川田拳登(20)が栃木SCへ育成型期限付き移籍することを発表した。移籍期間は9月1日から2018年1月31日までとなる。

▽川田は大宮のジュニアから所属し、2016年にトップチームへと昇格。ルヴァンカップでトップチームデビューを果たしていた。今シーズンは群馬でリーグ戦5試合に出場していた。川田はクラブを通じてコメントしている。

「自分のさらなる成長のために、今回移籍が必要だと決断しました。大宮のファン・サポーターの皆さんには、群馬でプレーしていたときにも声を掛けていただき、力をいただき、非常にうれしかったです。これからも栃木で頑張りますので、引き続き、応援よろしくお願いします」

▽また、加入する栃木SC、今季所属していた群馬を通じてもコメントしている。

◆栃木SC

「はじめまして、川田拳登です!フレッシュさと自分の持ち味であるスピードを最大限に発揮して、目標であるJ2昇格に貢献したいと思います。応援よろしくお願いします」

◆ザスパクサツ群馬

「今なお苦しい状況が続いている中、本当に心苦しいのですが、自分の成長のために移籍を決断させていただきました。短い間でしたが、応援してくださったファン・サポーターの皆さん、本当にありがとうございまし」

▽栃木にはユースで同期のFW藤沼拓夢が期限付き移籍中で在籍。さらに、大宮ユース出身のGK川田修平や今シーズン途中まで大宮に所属していた元スロベニア代表FWネイツ・ペチュニク、大宮ユース出身のMF宮崎泰佑も所属している。