こんにちは。テリヤキ編集部です。本日お届けするコラムは、絶品餃子が食べることができるお店をご紹介します。※これは、テリヤキ編集部が独自にまとめた記事になります。テリヤキストによる選別ではありません

もちもちの水餃子がくせになる『蘭州』東京

1,000円でベロベロに酔える事通称「センベロ」。そんな、センベロのお店が数多くひしめく街、立石で人気を集めているのが『蘭州』。同店の名物である「水餃子」は、もちもちの皮にジューシーな肉がたまらない一品。カウンター席に座ると、目の前で生地を作っているところを見ることができます。注文してから、手作りするのでアツアツの水餃子を食べることができます。

ついつい通ってしまう『来々軒(ライライケン) 』東京

水天宮前駅からほど近いところにお店を構える昔ながらの中華料理店『来々軒(ライライケン)』。店内は、カウンターとテーブル席が3つのこじんまりとした店内。豚肉、キャベツ、ニラ、ニンニクといった定番の具材を使用した同店の餃子は、昔懐かしの味。餃子と共にビールがすすむ一品です。

フランスから逆輸入のギョーザ店。女性に人気。『GYOZA BAR Comme a Paris(ギョーザバー コムアパリ)』東京

渋谷の青山学院大学のそばにある餃子店『GYOZA BAR Comme a Paris』。フレンチをベースにした3種のソースと、野菜・肉・エビなどで作った餃子。店内もカウンター中心のおしゃれな雰囲気が特徴のお店です。同店の小ぶりは、他店の餃子と比べてやや小ぶりのため、女性からのウケもいい。餃子を食べたいし、おしゃれな雰囲気で食べたい!そんな時におすすめなのが同店です。

いかがでしたでしょうか。東京で味わうことができる餃子は、昔ながらの中華料理店の餃子からおしゃれな雰囲気のところまで幅広いですね。ぜひ、行きたいお店を見つけ行かれてみてはいかがでしょうか。