子供を成長させる“最適な環境”とは【写真:Getty Images】

写真拡大

【連載コラム】ドイツ在住日本人コーチの「サッカーと子育て論」――キャプテン候補の思わぬ移籍

 夏休みに入って1週間後、突然クラブのユース責任者から連絡があった。

「ユリアンが移籍することになった」

 思わぬ知らせに、ソファーに座っていた僕は立ち上がって驚いた。ユリアンとは、僕が指導するU-15チームのエースで、絶対の信頼を寄せていた選手だったからだ。今季のキャプテン候補でもあり、そんな素振りを全く見せていなかったので、最初は何かの間違いだと思ったほどだ。

 本人に連絡を取ってみると、SVバイルというU-15・2部リーグに所属する強豪クラブの練習に参加し、受け入れが認められたと明かしてくれた。

「連絡が遅くなってごめんなさい。でも、いろんなことが一気に動き出して、すぐに決断しなきゃいけない状況になっていたんだ。キチ(著者の愛称)のトレーニングはいつも楽しかった。でも、ここでは僕のやりたいサッカーはできないと思ったんだ。だから、挑戦したい」

 ユリアンはU-13の頃にはスイスリーグ1部の名門クラブ、FCバーゼルのサポートトレーニングにも招待されていたほどの選手。でも性格的にとても奥手で、自己主張する周りの選手と上手く合わずに、自分のプレーを披露しきれないことも多かった。たぶん、ずっと悩んでいたのだ。

選手がイメージするサッカーの理想像と、成長するための現実に生まれるギャップ

 そしてちょうど僕が、国際コーチ会議でチームを留守にしている時に行われたテストマッチで、二つ下のリーグに所属するクラブに完敗した試合が、彼にとって大きなきっかけとなったようだ。

 ユリアンのお母さんとも話をした。突然の移籍になってしまったことを申し訳ないと謝罪された後に、こんな風に話をされた。

「ユリアンは昔からとても奥手で、なかなか自分というものを出せないでいました。サッカーの才能はいろんな監督に褒められていても、その才能を思う存分に発揮することができなかったんです。そんなユリアンが『ママ、もっと上のレベルのクラブでやってみたい』と言い出したんです。私はとてもびっくりしましたし、でも彼が自分で決意してチャレンジしようとしたことを、本当に嬉しく思っています」

 昨季は同じようにSCフライブルクU-12でプレー歴のある選手が、他の強豪クラブへ移籍していった。いわゆる普通の町クラブ・少年団だと、チーム内で選手間の実力差が生まれることは普通にある。そんな時、才能豊かな選手には「彼らの成長のためにも」と、例えばキャプテンマークを託してより大きな責任を与えたりする。チーム全体に影響を与える立場に立ってもらうことで、選手、そして人間として成熟できる場を作ろうとはしたし、他にもいろいろと考えてはいた。

 でも彼らには、自分でイメージしている確かなサッカーがある。そこに妥協したくはないという強い思いがある。そうした向上心を、僕らが摘み取るわけにはいかない。

育成とは1クラブ、一人の指導者でどうこうできるものではない

 チームレベルがその選手の成長にプラスにならないなら、指導者として自分がここで最大限の努力をするよりも、チャンスがあるなら良い選手を集めているチームで、同じように強いチームと試合ができる環境にその選手を送るべきだろう。育成とは1クラブ、一人の指導者でどうこうできるものではないのだ。

 もちろん、葛藤はある。「残ってくれていれば」という思いだってある。だからヘコむ気持ちも普通にある。それも人が持つ大事な感情なのだ。だから、しばらくは引きずった。

 でも、今はもう新しいチーム作りに頭を切り替えている。そして毎日が挑戦なのだなと改めて思った。僕も彼ら子供たちも、こうやっていろんな経験を積み重ねていきながら、自分という人間の幅を、深みを、そして強さを身につけていけたら素晴らしい。