香港フェニックステレビ(電子版)は27日、「日本には美食がたくさんあるが、なぜ日本人はスリムなのか」と題したコラムを掲載した。資料写真。

写真拡大

香港フェニックステレビ(電子版)は27日、「日本には美食がたくさんあるが、なぜ日本人はスリムなのか」と題したコラムを掲載した。

日本は美食大国として知られているが、先進国の中でもトップクラスに肥満率が低い国でもある。非常に驚くべき事実だが、その理由を分析してみたい。

日本人は野菜や海鮮を好んで食べる傾向がある。海鮮はたんぱく質が豊富なだけでなくヘルシーなため太りにくい食材である。さらに、味付けも淡泊で、伝統的な調味料である味噌、しょうゆ、塩、ワサビなどは栄養が豊富な上にカロリーが控えめでバランスが良い。

食べ方にも工夫がある。日本では料理を小皿に取り分ける習慣があり、品目が多くても1品当たりの量を減らすことでバランスよく食事をとることができる。よくかんでゆっくり食べることで脳の満腹中枢を刺激し余分なものは取らないように気を付ける人も少なくない。

日本の給食も大きな役割を果たしている。毎日規則正しくバランスの良い食事を提供することで子どもらは正しい食習慣を身に付けることができる。このほか、日本では自転車が一般的な交通手段として使われていることも関係している。若者や主婦、サラリーマンなど多くの人が自転車を使っており、適度な運動となっている。(翻訳・編集/内山)