名護市辺野古の米軍基地前の抗議活動で、基地ゲートをふさいでいた市民らに対し、沖縄防衛局の職員が「日本語分かりますか」と発言していたことが29日に分かった。反対派は「方言差別があった沖縄の歴史を理解していない暴言だ」と反発しているという。共同通信が報じた。

 防衛局は「侮蔑的なニュアンスを含んだものではない」と主張しているとのこと。

沖縄防衛局「日本語分かるか」 辺野古反対派、暴言と反発(共同通信)