女子が数人集まれば、誰々さんがどうだとかこうだとか、うわさ話に花が咲く。

よく知りもしない人のことを、面白おかしく言うこともあるだろう。

ママブロガーの告白

オーストラリア人のママブロガー、コンスタンス・ホールさんも例外ではなかった。

彼女がFacebookに投稿した子供の幼稚園での体験談が、一部の海外メディアが取り上げるなどして注目を集めている。

上品なマダムが苦手

投稿によると、コンスタンスさんは子供のお迎えの際、毎日ある母親と顔を合わせていたという。

その母親は身なりもきちんとしたマダム風の人で、お互いに挨拶を交わすことはなかった。

染み一つない上品な服を着こなし、ヘアスタイルもバッチリ決まっている彼女に対し、コンスタンスさんは下の子の授乳中で、服にも髪にも気を遣う余裕はない。

自分とは対照的なマダムについて、コンスタンスさんが他のママ友とひそひそ話をしようとした時のことだ。

この時、ひがみや妬みといった感情がなかったと言えばうそになる。

うわさする前に直接話してみれば?

相手のママ友は、「彼女についてうわさする前に、直接話してみれば」と一言。

アドバイスに従い、後日マダム風の彼女と直接話をしたコンスタンスさんは、驚きの事実を知ることになる。

依存症の過去を持つ彼女

お上品な奥様に見えたくだんのママは、かつてはアルコール依存症で、依存症克服のための集いに通っていた過去があったのだ。

家庭や子育て、身体の悩みは、彼女も自分たちと大して変わらないとわ分かり、お高くとまっているどころか、これまで出会った人の中で、最も心動かされる人物の1人であった。

自分こそゴージャスなママに話しかける勇気がないだけだったと気がつき、相手のほうも、タイプの異なるコンスタンスさんに声を掛けづらかったことを知る。

その後、2人は何でも言い合い、笑え合える親友になったそうだ。

世のママたちに言いたいこと

子供が学校に上がり環境が変わった今、周りのママたちが自分に対して様々な思いを抱いていることに、コンスタンスさんは気づいている。

時に自分に関するうわさを耳にすることもあるが、そんなママたちにコンスタンスさんが言いたいことはただ1つに尽きるという。

うわさ話をするんじゃなくて、直接話しかけてみて。

実体験から得た教訓を綴った彼女の投稿には、7万4000件の「いいね!」が付き、シェア数も8000件を超えている。

ママたちにとって身近な問題であるだけに、「母親同士の付き合いって難しいから…」「本当におっしゃる通り!」「解決の糸口はいたってシンプルだったんですね」と共感する声が多く届いている。