「XZ」サイトより

写真拡大

 女性向けファッション・コミュニティアプリ「クローゼット(XZ)」を運営するSTANDING OVATIONが、D4V1号投資事業有限責任組合、繊維商社の豊島系ファンド ファッション&テクノロジー1号投資事業組合、ボルテージ、メサイアキャピタル、投資家及び既存株主による追加出資でアイスタイルグループを引受先に第三者割当増資を実施。1.8億円の資金を調達する。
 「クローゼット」は、手持ちのアイテムをユーザー間で共有してコーディネートを組むことで着回しのヒントを発見・提案していくアプリで、2014年9月に公開。ダウンロード数は43万件、アイテム数は200万点以上、着回しのアイデア提案は60万件以上にのぼる。
 今回の資金調達は、2015年に実施したgumi ventures、DBJ キャピタルに続く増資。今後は、「ファッションの実践的なデイリーツール」を目指し、ユーザーの手持ち服を活かしたコーディネートの組み合わせから中古及び新品アイテムの売買取引、BtoBのソリューションサービスの提供を予定する。