撮影:高橋邦典

写真拡大 (全2枚)

 「サドゥー」とは、ヒンドゥー教の行者。悟りを得るために世俗を捨て、瞑想や苦行を続ける僧のことだ。とはいえ、仏教の僧とは違って、一つの寺に属して住むわけではない。野宿したり山に入ったりの浮浪生活をしながら、多くは人々の施しによって生きている。観光客に写真を撮らせて金をせびるような、怪しげな「サドゥーもどき」も少なくない。そんな輩も皆ひっくるめて、インド中からサドゥーが大集合するのがクンブメラでもある。

 大通りに面したサドゥーのテントの一つをのぞいてみた。何年もの間、左手を挙げたままで瞑想を続けているという。そんなことができるのかとはじめは疑ったのだが、よく見ると左手の爪は伸び放題。筋肉は落ち、痩せた木枝のようになっている。左手を挙げ続けることにどんな意味があるのかは分からないが、要は不自由に耐えて暮らすのが彼の修行らしい。

 別のテントには片足を挙げたままのサドゥーがいたり、極め付けは、性器に縄をつけレンガを引っ張り上げるという、もう修行なのか見せ物なのか訳のわからない者までいる。

 無数の神が存在し、ある意味なんでもありのヒンドゥー教。修行の仕方も様々ということか。

 2013年2月/2010年1月撮影

(写真・文:高橋邦典)

※この記事はフォトジャーナル<世界最大の宗教祭典クンブメラ>- 高橋邦典 第49回」の一部を抜粋したものです。