2017年度国公立大学入試結果(前期日程)

写真拡大 (全2枚)

 医学部合格を目指す受験生のためにSAPIX YOZEMI GROUPが提供するWebサイト「医学部研究室」は8月28日、「2017年度国公立大学入試結果」を掲載した。全国50校の医学部入試結果について、倍率や合格者成績などを一覧にまとめている。

 「医学部研究室」がまとめた一覧は、東京大学、京都大学、大阪大学、東京医科歯科大学など、全国50校の国公立大学医学部における2017年度の入試結果。「前期日程」「後期日程」「合格者成績」「特別選抜」という4つの項目から、入試データを詳細に掲載している。

 たとえば、東京大学では前期日程の募集人員97人に対し、527人が志願し、第1段階では388人が合格。377人が受験し、98人が最終合格、実質倍率は3.8倍。合格者の成績は、最高点が482.0889(得点率87.7%)、最低点が407.7111(得点率74.1%)と記載されている。

 入試結果一覧では、志望の大学名にチェックを入れることで、しぼり込むことが可能。複数校にチェックを入れて見比べ、志望校選択に役立てることもできる。

 「医学部研究室」では、医学部の入試情報をはじめ、医学部の成り立ち、大学の附属病院や附属研究施設、医師国家試験データなども紹介している。 《リセマム 奥山直美》