メッシ、アグエロ、ディバラ、イカルディとライバルは多いが、絶好調のベネデットであれば、欧州組からポジションを奪うことも可能なはずだ。 (C) Getty Images

写真拡大 (全2枚)

 現地時間8月28日、アルゼンチン・サッカー連盟は、ロシア・ワールドカップ南米予選に挑む、27名の代表メンバーを発表した。
 
 今年6月にホルヘ・サンパオリ政権を発足させたばかりのアルゼンチン。今回の代表メンバーは、大黒柱のリオネル・メッシを筆頭にセルヒオ・アグエロやパウロ・ディバラ、アンヘル・ディ・マリアなど、いわば常連組が名を連ねるなかで、見慣れない名前も見られた。
 
 そのなかでもとりわけ目を引いたのが、ユベントスのエース、ゴンサロ・イグアインが選外となったFW陣で、新たに招集されたボカ・ジュニオルスのダリオ・ベネデットだ。
 
 現在27歳のベネデットは決してスター街道を歩んできたわけではない。母国の名門インデペンディエンテの下部組織に所属した12歳の時に母親を心不全で亡くし、レンガ職人として父親と共に働くことを余儀なくされるなど、サッカーキャリアを諦めようとした時期もあった。
 
 それでも、地元の友人とボールを追い続けたベネデットは、17歳の時にアルセルナルのリザーブチームのテストに合格。再びサッカー選手として歩みだし、2008年には同クラブでトップチームデビューを飾った。
 
 しかし、その後はなかなか芽が出ず、アルゼンチン国内のデフェンサ、ヒムナシアという下部クラブを渡り歩き、2013年の夏にはメキシコのティファナへ移籍する。そして、これがキャリアの転機となった。

 ベネデットは、この太陽の国で1年目から存在感を示す。国内リーグで12ゴールをマークして得点王争いにも絡むと、2014年の夏にはクラブ・アメリカへ移籍を果たし、得点源として活躍。2015年の12月には北中米カリブ王者の一員として来日し、クラブワールドカップでゴールも挙げた。
 
 2016年夏、メキシコで研鑽を積むベネデットに目を付けたのは、母国の超名門ボカだった。当時のボカは、主砲のカルロス・テベスが年明けの1月に上海申花へ移籍することが濃厚となっており、新たなストライカーの獲得に躍起となっていた。
 
 そして同年6月にボカに加入したベネデットは瞬く間にチームにフィット。持ち味の多彩な得点パターンを武器にテベス退団後も好調を維持し、国内リーグ25試合で21ゴールと荒稼ぎ。まさにMVP級の活躍でクラブにリーグタイトルをもたらしたのだ。
 そんな遅咲きストライカーの満を持しての招集に、国内メディアも大きな期待を寄せている。
 
 アルゼンチン紙『オレ』は、「ボカの9番は夢を与えられた。常にゴールを生み、下がってチームメイトをサポートできていることを考えれば、代表招集は当然だ」と高い評価を下している。
 
 現在、アルゼンチンは南米予選においてプレーオフ圏内の5位。しかし、2位コロンビアとの勝点差はわずかに「2」と、1勝でも挙げればワールドカップ出場圏内の4位以内が見えてくる。それだけに8月31日のウルグアイ戦と9月5日のベネズエラ戦はともに勝利を奪いたいところである。
 
 昨年10月のパラグアイ戦以来、代表ではゴールに見放されているイグアインに代わって招集されたベネデット。「僕のキャリアにおいて、とても幸せな瞬間だ。でも、これからも働き続けて、チャンスを得たい」と謙虚に語るストライカーが、母国の救世主となる活躍を見せられるかに注目だ。
 
【ウルグアイ&ベネズエラ戦に向けた招集メンバー】
 
[GK]
セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・U=ENG)
ナウエル・グズマン(ティグレス=MEX)
ヘロニモ・ルジ(R・ソシエダ=SPA)
 
[DF]
ハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ=SPA)
フェデリコ・ファシオ(ローマ=ITA)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C=ENG)
ガブリエル・メルカド(セビージャ=SPA)
ニコラス・パレハ(セビージャ=SPA)
ハビエル・ピノラ(リーベル)
ファブリシオ・ブストス(インデペンディエンテ)
 
[MF]
エベル・バネガ(セビージャ=SPA)
ルーカス・ビグリア(ミラン=ITA)
アウグスト・フェルナンデス(A・マドリー=SPA)
レアンドロ・パレデス(ゼニト=RUS)
ギド・ピサーロ(セビージャ=SPA)
アンヘル・ディ・マリア(パリSG=FRA)
マルコス・アクーニャ(スポルティング=POR)
ハビエル・パストーレ(パリSG=FRA)
マヌエル・ランシーニ(ウエストハム=ENG)
エミリアーノ・リゴーニ(インデペンディエンテ)
 
[FW]
リオネル・メッシ(バルセロナ=SPA)
パウロ・ディバラ(ユベントス=ITA)
マウロ・イカルディ(インテル=ITA)
ホアキン・コレア(セビージャ=SPA)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C=ENG)
ダリオ・ベネデット(ボカ・ジュニオルス)
ラウタロ・アコスタ(ラヌース)