マリア・シャラポワ【写真:Getty Images】

写真拡大

全米オープン1回戦、世界ランク2位のハレプを2-1で撃破

 女子テニスの元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ(ロシア)が、28日に開幕した全米オープンのシングルス1回戦に登場。世界ランク2位で第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)を6-4、4-6、6-3とフルセットの末に下し、四大大会復帰戦を勝利で飾った。試合後には感極まり、目に涙を浮かべながら観客の声援に応えた姿は、「マリアの勝利は幸せを呼ぶ」「とても感情的になった」と反響を呼んでいる。

「ロシアの妖精」が涙の復活を果たした。

 シャラポワは第1セットを6-4で先取したが、第2セットでハレプの反撃に遭い、勝負は最終セットへ。第2ゲームでブレークに成功すると、そのリードを守り切り、セットカウント2-1で勝利を収めた。

 2016年に禁止薬物による出場停止処分を受けたシャラポワにとっては、3年ぶりの全米オープン出場。ワイルドカード(主催者推薦)カードながらグランドスラムの舞台に戻り、いきなり実力者のハレプを破る“大番狂わせ”を演じて見せた。

「この女性は多大なる根性を抱いている。彼女はどこにも行きやしない」

 WTA公式サイトは、「2006年王者のマリア・シャラポワが、NO2のシモナ・ハレプをノックアウト。3セットのスリラー小説は全米オープン初日の大ヒット作として締めくくられた」とシャラポワの四大大会復帰戦の勝利を特集。「マッチポイントまでたどり着いた時に、自分の心を自制するコントロールが効かなくなったの。それだけ、全ての価値が詰まったもの。みんな、なぜそこまで一生懸命に汗をかき続けるのかと聞くけれど、間違いなくこの瞬間がその答えなの」とのコメントを紹介した。

 大会公式ツイッターも、「この女性は、多大なる根性を抱いている。彼女はどこにも行きやしない」という言葉とともに、シャラポワが勝利に感極まり、目に涙を浮かべながら観客の声援に応える動画を投稿。ファンからも多くのメッセージが届いた。

「根性と強さ! そして、偉大な勝利! とても感情的になった」

「マリアの勝利は幸せを呼ぶ! 残りの大会でも幸運を祈っている」

「彼女はとにかく素晴らしかった!」

「壮大な試合だった。ハレプにとっては思いもよらぬ敗戦だったろうが、まず僕たちはシャラポワの勝利を祝うべきだ」

 大きな一歩を踏み出したシャラポワは、2回戦でのティメア・バボス(ハンガリー)と対戦する。