iPhone8イメージ

次期iPhoneの最新モデルとなる「iPhone8」は、各メディアの報道によると、発売時期が迫っているとされる。

10周年となる2017年のiPhone最新作は、iPhone7の後継機となるiPhone7s/7s Plus、そしてハイエンドモデルのiPhone8になるという。

発表日・発売日などに関しては、これまでのスケジュールから類推して、9月12日発表、9月15日予約開始、9月22日発売という流れが予想される。発表の場は、カリフォルニア州クパチーノで5000億円以上をかけて建設中の、本社などからなる「Apple Park(アップル・パーク)」の地下講堂「Steve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズ・シアター)」になると見られている。

気になる価格に関しては、iPhone8が999ドルになると予測されている。これはiPhone7の649ドルから約1.5倍となる価格設定で、日本円では約11万円となる。しかもこの価格は64GBモデルのものとされ、最大容量の512GBモデルではさらに高価なものになるという。

iPhone8についての新機能は、ワイヤレス充電や有機EL全面ディスプレイ、ガラスボディ、3D顔認証(指紋認証Touch ID非搭載)、縦位置配置のデュアルレンズ、A11プロセッサなどが噂され、全てが搭載されれたプレミアムモデルとなれば、11万円という高価な設定も仕方ないかもしれない。

The New York Times
URL:https://www.nytimes.com/2017/08/23/technology/personaltech/iphone-10-years.html?smid=tw-share
2017/08/29