ルイス・フォンシの「Despacito」、全米チャート歴代最長1位タイに

写真拡大

ジャスティン・ビーバーをフィーチャーしたルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキーの「Despacito」が今週、全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)で16週目の1位に輝き、マライア・キャリーとボーイズIIメンのデュエット「One Sweet Day」(1995年)と並び、59年に渡る同チャート史上最長1位の記録をマークした。

◆ルイス・フォンシ画像、音源

「Despacito」は1月にフォンシとヤンキーの祖国プエルトリコを含む南米でデジタル・リリースされ、各国のチャートで1位を獲得したあと、ジャスティン・ビーバーをフィーチャーしたリミックス・ヴァージョンを発表し、世界中でその人気に火がついた。英国でも11週1位に輝いた。

来週、首位をキープすれば、Hot 100チャート史上最長1位の新記録を樹立することになるが、テイラー・スウィフトの新曲「Look What You Made Me Do」という強力なライバルが現れた。

Billboard Hot 100歴代最長NO.1のランキングは以下のとおり。

16週
ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキー ft. ジャスティン・ビーバー「Despacito」(2017年)
マライア・キャリー & ボーイズIIメン「One Sweet Day」(1995〜96年)

14週
マーク・ロンソン ft. ブルーノ・マーズ「Uptown Funk!」(2015年)
ブラック・アイド・ピーズ「I Gotta Feeling」(2009年)
マライア・キャリー「We Belong Together」(2005年)
エルトン・ジョン「Candle In The Wind 1997 / Something About The Way You Look Tonight」(1997年)
Los Del Rio「Macarena (Bayside Boys Mix)」(1996年)
ボーイズIIメン「I'll Make Love To You」(1994年)
ホイットニー・ヒューストン「I Will Always Love You」(1992〜93年)

Ako Suzuki