ある日、店でアルバイトをしていた、まつりか(@R_reddot)さん。

すると、小学生くらいの女の子が近づいて来て、こういいました。

※写真はイメージ

商品、落として壊しちゃいました…。

どうやら女の子は、誤って商品を落としてしまった様子。

きちんと申告し、謝った女の子を見て、まつりかさんは「偉いな」と感じていたといいます。

大丈夫だよ。

教えてくれて、ありがとう。

この女の子に、そう伝えていた時のこと…。

突然、お母さんと思われる女性がやって来て、女の子をこう怒鳴りつけます。

※写真はイメージ

何で、店の人にいうの!

唖然としてしまった、まつりかさん。

すると、今度は店員である、まつりかさんに向かって、こういい放ったのです。

それ、買う気ないからお金は払わないわよ!

そして、女の子の手を引き、店を出て行きました。

あまりにも衝撃的だったことから、一連の出来事をTwitterに投稿したところ、さまざまなコメントが寄せられます。

こういうお母さんっていますよね…子どもは、とてもいい子なのに。きちんと謝ることができた小学生の女の子は素晴らしい。お母さんについては…何ともいえないな。悲しくなるお話。でも、小学生の女の子の行動は、褒められるべきものだと感じました。

このお母さんの振る舞いに対する厳しい意見があった一方、こんなステキなお母さんに出会ったというコメントも。

壊れた商品をレジに持って来て「子どもが壊してしまったので買い取らせてください」と申告してきたお母さんがいました。

店の商品を、うっかり壊してしまうということは誰にでも起こり得ること。

対応は店によっても異なりますが、「もし買い取らなければならない」としても、多くの親は「我が子がやったことだから買い取るのは当然」と考えるでしょう。

しかし、一部には謝ることができない親がいるのも事実。この女の子が、お母さんのような「謝れない大人」にならないことを願うばかりです。

[文・構成/grape編集部]