ユーヴェ、シャルケ主将・ヘーヴェデス獲得が決定的に…クラブ間合意と伊紙

写真拡大

 ユヴェントスが、ドイツ代表DFベネディクト・ヘーヴェデスの獲得で所属先のシャルケと合意に達したことが分かった。イタリア紙『トゥットスポルト』が28日に伝えている。

 同紙によると、ユヴェントスのオファーをシャルケが受け入れたようだ。契約内容は1年間のレンタルで、その後買い取りが義務付けられたもののようだ。レンタル料は200万ユーロ(約2億6000万円)、買い取り額は800万ユーロ(約10億4000万円)に設定されている。

 ヘーヴェデスにはスパルタク・モスクワとリヴァプールが獲得に動いていたが、本人がユヴェントスへの移籍を強く望んだ模様。29日か30日には正式契約を結ぶ予定となっている。

 現在29歳の同選手は下部組織から現在までシャルケ一筋。負傷に悩まされながらもシャルケの主将としてチームを牽引していた。2016年2月には契約を2020年まで延長している。